大川歯科医院のインプラントは
このような患者様に満足頂いております

  • インプラント検討中のセカンドオピニオン

    インプラント治療は、施術者の考え方や持ち合わせている治療オプションによって治療方針が異なってきます。どちらが良い悪いとかではなく、大切なことは治療結果が審美的かつ機能的に問題なく、それらが長期的に維持できることであると考えます。その目的を達成するため、骨増生や追加処置が必要な場合があり、それらを欠くことでベストな結果とは程遠い結果を招いてしまう場合もあります。
    インプラントは、一旦、骨の中に埋め込んでしまうと後戻りしにくい治療です。もし、今現在、他医院でインプラント治療を薦められ、前向きに検討中の方がおられましたら、ぜひ当医院にセカンドオピニオンでお越しください。状態を精査した上で、既存の治療方法へのアドバイス、またより良い治療方法のご提案をさせていただきます。

  • インプラントが困難と診断され治療を断念された方

    他医院で、インプラントが困難だと診断され治療を断念された方、インプラント治療は、全身疾患があるなど余程のことがない限り できないということはありません。当医院では、様々なオプションを活用しインプラント治療を可能にします。

  • 入れ歯がどうしても馴染まない方

    入れ歯がどうしても馴染めない、入れて噛めない・喋りにくいなど、入れ歯でお困りの方は、ぜひ固定式のインプラントをお薦めいたします。上下総入れ歯の状態であったとしても、数本のインプラントを用いることで「動かない」「浮かない」入れ歯で修復することが可能です。

大川歯科医院のインプラントが選ばれる理由

reason01歯周治療をベースとしたインプラント治療の実践とその実績

インプラント治療は、失った歯を蘇らせる方法としては優れた治療法ですが、一方で、天然歯が「歯周病」になるのと同様に、インプラントも「インプラント周囲炎」といったインプラント周囲の骨が経年的に溶けてしまい、本来の機能失ってしまうことも問題視されています。できれば、そうなることは避けたいことですが、長期的にはそのような可能性は捨て切れません。
当医院では、長年、セミナーや講習会等で歯周病治療の教育・指導に携わり歯周病をコントロールする術を熟知した歯周病専門医が、その知識・技術をインプラント治療に応用することで、長期的に維持機能するインプラントを達成しています。

reason02執刀医から納得いく詳細な説明を実施

インプラント治療を受けられる際、いろいろな不安を感じられると思います。インプラント治療をどのような流れで行い、どのような材料を使用し、どのような仕上がりになるのかなど、事前に当医院で行った治療例をお見せし具体的にわかりやすくご説明させていただきます。
また、良いことばかりではなく、インプラント治療で起こりうる術後偶発症や術後のトラブルなど、当医院では、術前に十分時間を確保し、執刀医よりご説明させていただき、インプラント治療全体像をご理解いただいた上でインプラント治療を受けていただくように心掛けています。

reason03入念な術前診査 と インプラント埋入計画

インプラント治療において、我々施術者にとって注意すべき項目は数多くありますが、中でも比較的重要なことが歯の抜けた部分のどの位置にインプラントを埋め込むかということです。単に抜けた場所にインプラントを入れるだけではなく、術後に患者様が違和感なく使用でき、元あった天然歯と遜色なく機能しそれが長持ちするように努める必要があります。
それを具現化するには、事前に歯型や噛み合わせから最終的に作製する歯の形や位置をシミュレーションし、またCTレントゲンにて骨の形状や神経の位置などを把握した上で、インプラントを埋め込む位置を決定します。
当医院では、術前診査に十分な時間を費やし、術後偶発症にも配慮した安全なインプラント治療の実践を心掛けています。

reason04充実した設備・機器と手術チームを構成した充実したバックアップ体制

インプラント治療を行うには、前述したように術前診査は欠かせません。当医院は、CTレントゲンを常設し術前診査や術後の経過観察も含めフォローアップできる環境整備を行っています。また、術中に使用する機器は、できるだけ低侵襲に手術を行える機器を準備し手術時間の短縮化、術後の痛みの軽減などを目標に行っています。さらに、術中は生体モニターを用い全身管理を行いながら麻酔医と共に安全に処置ができる体制を整えています。
麻酔医も含め、インプラント治療の教育をしっかりと受け、術者と意思疎通のしっかり取れたスタッフと共に手術チームを構成し、手術に臨みます。

reason05数多くのオプションで難症例にも対応可能

インプラント治療は、ほとんどの症例が骨の中にインプラントを埋め込むだけでは完結しない治療法です。歯を失った原因、抜歯後の骨の形態変化や解剖学的な構造など、患者様ごとに千差万別。骨がなくなってしまった難症例には骨を作り、解剖学的な構造物があり単純にインプラントを埋めることができなければその部分への対処など、いろいろなオプションを持ち合わせておく必要があります。当医院では、あらゆる事態を想定しそれに見合ったオプションを活用できる技術の習得と準備を整えています。

reason06痛みのないインプラント手術の実践

患者様が手術で一番不安を感じることに、手術時の痛みがあるのではないでしょうか。当医院では、局所麻酔に加え、麻酔医による静脈内鎮静療法を活用することで痛みや不安を取り除き、眠気を催し術中のことを忘れてしまうような効果をもたらす鎮静薬を用い手術を行っています。当医院では、少しの痛みも感じずインプラント治療を快適に受けていただきたいという思いから、静脈内鎮静療法を導入しております。

大川歯科医院で対応している治療方法

通常埋入法

インプラントを埋め込むのに十分な骨が存在し、また、神経や空洞など解剖学的な構造体がなく、埋め込むのに特に補足的な処置が必要のないインプラント手術をいいます。侵襲少なく治療ができるためできるだけこの方法での処置を行いたいのですが、通常、歯周病や歯の周囲の炎症が原因で天然歯が抜歯に至っているため、歯を支えていた骨へのダメージがあり、通常埋入できる症例が非常に少ないのが現実です。また、個人差はあるものの上顎に関しては、副鼻腔(上顎洞)という空洞が奥歯周辺に存在するため追加で骨増生等を行わないといけないことが多くあります。
当医院では、そのような補足的な処置が必要な症例において、様々治療オプション・技術を習得し、患者様の機能回復を可能にします。

骨増生法

重度歯周病や広範囲の炎症が原因で歯を喪失した場合は、インプラントを埋め込む土台部分が凹んだり細くなり、インプラントを埋め込むことが困難な症例も多く見かけます。当医院では、自家骨移植や骨移植材を用い骨増生を行うことで、インプラントの土台となる部分をしっかり修復させ、インプラントを長期安定する環境整備を行います。

上顎洞挙上術

上顎には、「副鼻腔」という空気の入った空洞が左右でそれぞれ4つずつ存在します。その1つに、インプラント手術と関連があり上顎奥歯周辺に存在する「上顎洞」があります。この空洞の存在により、予定したものより短いインプラントや空洞を避けて傾斜して埋め込むなどの処置制限が出てくる症例があります。しかし本来は、理想的な長さのインプラントを用い、また噛む力が歯槽骨に垂直的にかかるよう空洞に骨増生を行い、妥協的な処置を避けインプラントを埋め込みたいと考えます。
その治療方法を上顎洞挙上術と言い、当医院では、サイナスリフトやソケットリフトなど骨増生量(挙上量)に合わせいずれかの方法を選択し、インプラントが困難な症例においても対応できる準備を整えております。

抜歯即時埋入法

インプラント手術を行う時期は、通常、抜歯2ヶ月から6ヶ月後の骨や歯肉が治癒した後に行われることが多いです。ただし、症例によっては、抜歯と同時にインプラントを埋め込み、歯が抜けている期間をないようにするか、もしくは、出来るだけ短くする対策を取ることが可能です。
この治療方法を選択できる条件は限られますが、低侵襲かつ短期間で機能回復ができますので、QOL回復には大いにメリットがあります。
当医院では、術前診査で適応症であれば積極的にこの治療方法を用い、出来るだけ低侵襲・早期の機能回復に努めます。

             

インプラントとその他の治療の違いについて説明しております。

インプラント治療の全体的な流れについて説明しております。

インプラントの治療費用に関する仕組みや内訳について説明しております。当医院の料金一覧も。

インプラント保証制度のチェックポイントは?当医院の保証制度についても。

インプラントの寿命を決める要因は何か?平均使用年数は?

設備の重要性、歯科用CTのメリットについて説明しております。当医院の設備環境についても。

インプラントセカンドオピニオンとは どんな意味を持つのか?