インプラント治療とは

インプラント治療とは、失った歯を補う治療法のひとつで、顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、土台(アバットメント)を接続して、その上に人工の被せ物を被せることで歯の機能を回復させる治療法です。
インプラントは、見た目が自然で、何より違和感なく噛むことができるのが特長です。
インプラントはチタン製で、チタンは人の身体、骨との親和性が高い金属で、生体組織に適合しやすく、骨との結合がよく、その特製から医療現場で多く使われています。
インプラント治療により、歯を失い、しっかりと噛んで食事ができなかった方も、再び噛んで食事する喜びを味わえるようになります。

歯を失うと噛み合わせが乱れ、歯みがきなどのケアも難しくなり、虫歯・歯周病にもかかりやすくなります。
また、見た目が悪い、発音がきれいに出来ない、人前で自然に笑えない、老けて見えるなど、心の問題とも深く関わります。
大川歯科医院では、インプラント治療を通して、心身とも健康な生活を取り戻す治療を提案いたします。

当医院ではインプラント外来を設け、インプラント治療を積極的に取り組んでいます。

当医院では、インプラント治療の進め方、治療期間、費用などのご理解(インフォームドコンセント)だけでなく、他の治療法との違いを、きっちりご認識していただき、治療法の選択をしていただいております。詳しくは次のインプラント・ブリッジ・入れ歯の治療法の違いをご参考ください。

他の治療との違い(インプラント・ブリッジ・入れ歯)

治療方法 インプラント ブリッジ 入れ歯
審美性 天然歯と変わらない審美性を回復 材料によっては見た目がきれい(※自費) ×金属のバネが目立つなど審美性に劣る場合がある
他の歯への負担 他の健康な歯を削る必要がない ×隣接する健康な歯を削る必要がある ×バネをかける歯に負担がかかる
噛み心地 天然歯と同じように噛める 天然歯と同じように噛める(※状態による) ×咀嚼力は天然歯の50%・違和感を感じることも
治療期間 ×手術が必要・通院回数が多い 3〜4回程度の通院 治療は簡単で期間も短い
治療費用 ×保険適用外のため高コスト 保険適用であれば比較的低コスト 保険適用であれば比較的低コスト

illust : ©Nobel Biocare

インプラント治療の流れ

インプラント治療開始までの流れ

初診カウンセリング

患者様の不安なことやご希望などを十分な時間を取り、お話を伺います。病歴や健康状態の問診、インプラント治療の説明、これから行う検査内容の説明なども行います。

CT撮影

CT撮影を行います。最新鋭の機器を導入しており、細部まで詳細な撮影が可能で、精密な診査を行えます。

治療計画の提案

検査結果を説明し、データを根拠に、最適かつ安全な治療方法を提案させていただきます。治療方法が決定したら、これからの治療計画をわかりやすく説明させていただきます。

治療開始

インプラント治療の流れ

インプラント埋入手術 (1次手術)

歯の土台となるインプラントを顎の骨に埋め込みます。局所麻酔を行いますので痛みはほぼ感じません。手術時間は1~3時間。入院せず帰宅でき翌日から通常の生活を送れます。縫合した糸は1週間ほどで抜糸します。

定着期間 (治癒期間)

インプラントが顎の骨としっかり結合するよう定着期間を設けます。インプラント埋入部位、骨の質などで個人差がありますが、通常は2~6ヶ月程度です。

アバットメント[支台]の装着 (2次手術)

埋め込んだインプラントが定着したら、アバットメントを装着し、インプラントと連結します。

人工歯の装着

お口の中全体を型採りして作製された被せ物をアバットメントの上に装着して完了です。

当医院のインプラント治療の特徴

当医院のインプラント治療の特徴は、麻酔医による静脈内鎮静療法下で手術を受けていただけるところです。通常であれば、局所麻酔のみで手術を行いますので、ドリルで骨を削る音や振動を直に感じ、手術時間中は緊張状態で施術を受けていただくことになります。静脈内鎮静療法は、腕の静脈に点滴を確保して、その静脈血管から緊張を取り除く鎮静薬を使うことで不安を取り除き、眠気を催し、治療中の細かいことをぼんやりとさせ、時には忘れてしまうような効果をもたらします。

緊張やストレスで血圧が高くなってしまうことを抑えたり、ストレスによる過度の血糖値上昇をやわらげたりすることで、何より安全で、痛みを取り除いて快適に治療を行えるようにすることを目的として行います。全身麻酔と違って、意識はあって音は聞こえていますので意識が完全になくなるものではありません。いずれにしても、インプラント治療を安全快適に受けていただきたいという思いから、当医院では、静脈内鎮静療法を導入しております。