不安定な入れ歯をインプラントを使用し安定させた症例

初診時

初診時

初診時 下あごの状態

初診時 下あごの状態

65歳 男性
入れ歯を何回も作り変えたが、まったく安定せず噛めないとのことで来院。
下あごの骨の吸収が大きく、入れ歯がすぐに浮いてきて、また噛むたびにいろいろな方向に動いてしまう状態であった

インプラント部

インプラント部

治療後のレントゲン写真

治療後のレントゲン写真

下あご入れ歯の内面

下あご入れ歯の内面

インプラントを4本埋入し、そこに低めの支柱を立てることにより、入れ歯を安定させた。入れ歯は浮くことなく維持安定し、術後何でも噛めると非常に喜んでおられた。

費用

0円(税別)