骨の増成を伴ったインプラント治療

初診時 レントゲン写真

初診時 レントゲン写真

 

60歳 男性
歯茎の腫れを訴え来院。

レントゲンにて歯が割れているのを確認。同歯は以前に神経の治療がされており被せ物が被っていたが、歯ぎしり等の影響もあり歯が割れたものと推測できた。

以前より歯茎の腫れがあったとのことで、長期の炎症により周囲の骨が損傷を受け大きく吸収していた。
抜歯後のレントゲンで骨の中に黒く抜けているところに骨の吸収が認められた。

治療終了時

治療終了時

治療終了時 レントゲン写真

治療終了時 レントゲン写真

インプラント埋入と同時に骨の増成を行い、セラミックの被せ物で修復し治療を終了した。

ブリッジ(両隣の健康な歯を削り被せ物でつなぐ治療)で修復するよりも、骨の成熟期間に長期に期間を必要としたが、インプラント治療を導入することにより歯を削ることなく、無くなった歯を単独で修復でき、結果には患者様も大変満足していただけた。

費用

610000円(税別)