インプラントを用い審美修復治療を行った症例

初診時

初診時

初診時 レントゲン写真

初診時 レントゲン写真

56歳 男性
右上の被せ物が取れたとのことで来院。
根のみが歯茎に埋もれて残っている状態で虫歯もひどく保存困難な状態であった。
手前の歯を削りたくないとのことでインプラントによる治療を希望された。
1本奥の歯も、根の先が化膿しており、再治療後、セラミックの被せ物で修復することとなる。

治療後

治療後

治療後 レントゲン写真

治療後 レントゲン写真

4番をインプラントで修復することにより、3番は天然歯のまま保存できた。
5番も含め、初診時の写真と比較して審美的な回復ができた。
患者様も、術後、非常に審美的な仕上がりが得られ大変喜んでおられた。

費用

0円(税別)