分岐部病変(奥歯の根の分岐している股の部分)の骨の欠損を再生した症例集 術前・術後

術前

術前

術前のレントゲン写真

術前のレントゲン写真

術後

術後

術後のレントゲン写真

術後のレントゲン写真

症例①
50歳 女性
デンタルドックにて分岐部(黄および白の矢印)の骨の欠損を発見。
当時、同部に症状は全くなく患者様も歯周病の進行に驚いておられた。

同部は分岐部に限局した骨の欠損(術前のレントゲン写真で根の分岐している股の部分に黒い影が認められる)であったため、再生療法にて同部の改善を図った。

術後のレントゲン写真では術前にあった黒い影が不透過像になり、再生された骨にて満たされている像が確認できる。

術前

術前

術前のレントゲン写真

術前のレントゲン写真

術後

術後

術後のレントゲン写真

術後のレントゲン写真

症例②
43歳 女性
症例②の患者様もデンタルドックにて骨の欠損を発見。全く症状はなかったとのこと。

症例①と同様に再生療法を行い欠損部の改善を図った。
この症例も症例①と同様良好な結果が得られた。