歯周組織再生療法(エムドゲイン法) 術前・術後

術前術前

55歳 女性
デンタルドックにて一番奥(矢印の部分)に斜めに深い骨の欠損が見つかり、深い歯周ポケットも存在した。
以前親知らずを抜いた既往があり、その影響も考えられた。
治療計画を検討した結果、エムドゲイン法による再生療法を行うこととなる。(被せ物の不適合も認められたためやり換えも同時に行った。)

術後術後

現在、術後2年6ヶ月斜めの深い骨の欠損もなくなり、骨のフラットな状態が獲得出来た。
骨がフラットな状態とは、骨が元あった状態に回復しポケットが出来にくい環境を獲得できたことになる。
現在のところ、ポケットも浅くコントロールでき、問題なく経過している。

費用

120000円(税別)