事故により外傷を受けた前歯を審美回復した症例

初診時

初診時

初診時の正面観(拡大)

初診時の正面観(拡大)

52歳 男性
自転車の事故により顔面を強打し、その際に前歯を3本折る。左上に関しては、一部根の深部まで破折しており、そのままでは保存困難な重症な状態であった。その為、埋もれた歯の根っこ部分を引っ張り出す外科処置を行い、オールセラミックにて修復を行った。

治療後

治療後

治療後の正面観(拡大)

治療後の正面観(拡大)

元々、前歯の歯ぐきの位置が左右非対称(歯の長さが左右非対称)であった為に審美的な問題を有していた。外科処置をすることにより歯ぐきの位置を左右対称に揃え、結果的に審美的修復も行えた。

費用

675000円(税別)