歯周形成外科を行い審美的回復を図った症例

初診時

初診時(前歯拡大)

43歳 女性
最近歯が長くなってきたとのことで来院。

左上2番の歯茎が下がり歯が長くなっており、審美的にも問題があった。
同歯は神経の治療もなされており、被せ物での修復が必要であった。このままの状態では、適合良好な被せ物の修復も困難であったため、露出した根面を被覆し歯の長さを正常な状態に戻すように治療を行った。

治療後

治療後 (前歯拡大)

歯茎の移植により露出した根面を被覆した。
かなり大きな露出であったが1回の手術で被覆ができ、審美的な回復も図れた。

費用

0円(税別)