インプラントを含め全体的治療を行った症例②

初診時

初診時レントゲン写真

初診時側方からの口腔内写真(右)

初診時側方からの口腔内写真(左)

57歳 女性
インプラント治療も含め、全体的治療を希望され来院。

不適合な被せ物や神経の不十分な治療が多数認められ、また歯が欠損したままの状態で放置されており、咬み合わせの不調和が認められた。
前歯に充填されている樹脂(プラスチック)も変色し審美的な改善を望まれた。

治療後

治療後レントゲン写真

治療後側方からの口腔内写真(右)

治療後側方からの口腔内写真(左)

下あごの前歯以外はメタルボンド冠(セラミック)を用いて修復し咬み合わせの再構成を行った。
右下には3本インプラントを用い欠損修復を図った。
初診時に認められた左側頭部の筋症状も治療後には消失し、咬み合わせ治療の効果が出た症例であった。
審美的にも機能的にも満足行く結果が得られた症例である。