他医院で抜歯といわれた歯を保存した症例

初診時 レントゲン写真

初診時 レントゲン写真

治療中(長期に根の中に消毒のお薬を入れての治療を行った)

治療終了時
治療終了時 レントゲン写真

25歳 女性

初診時、右下の奥歯2本の被せ物が取れた状態で来院。
レントゲンにて確認すると、7番(赤矢印)は根の先で膿んでいる状態。6番(黄矢印)は根の周り広範囲に及ぶ炎症症状が確認でき(矢印部分に黒い影が認められる)、5番(青矢印)は虫歯が大きく歯茎に埋もれている状態であった。

他医院ですべて抜歯と診断されたとのことだった。
5番は保存困難な状態であったが、6・7番とは何とか保存を試みた。
6・7番の影は根の治療不十分と判断し、根の中に薬を長期に入れ治療を行った。

治療終了時

治療終了時

治療終了時 レントゲン写真

治療終了時 レントゲン写真

5番は手前の歯を削りたくないとのことで、インプラント治療により対処。
6・7番は黒い影が消失し、症状もなく良好に経過している。
3本抜歯だった予定が1本で助かり、また機能的に満足いく状態になったので、患者様は非常に喜んでおられた。

費用

670000円(税別)