新型コロナウイルス感染拡大に伴い、以下の対策を実施しています。
お不便をおかけしますが、何卒ご協力をよろしくお願いします。

A. 診療枠を縮小いたします
下記を理由に大川歯科医院では、診療枠の縮小を行います。
①来院される患者さんの感染防止
②私たち医療従事者の感染防止
③神戸市、近隣地域での感染者抑制のためのピークカット政策に準じた体制構築
④間接的で微力ではありますが、医療物資が本当に必要とされる医療現場に物資が届いてほしい思い

<診療自粛の要請を行う可能性のある患者様>
※下記内容にご自身が該当するか、判断に迷われる場合は電話にて担当医とご相談ください。
・不要不急の治療の方
・70歳以上の方
・コントロールされていない基礎疾患(糖尿病、呼吸器疾患、循環器疾患など)をおもちの方
・下記問診事項に該当する方
  ・37度以上の発熱がある
  ・咳がある
  ・味覚異常・嗅覚異常がある
  ・現在、同居する人が自宅隔離を要請されている
  ・現在、同居する人に発熱・咳などの症状がある
  ・過去、21日間(3週間)以内に、海外渡航歴がある
  ・過去、21日間(3週間)以内に、海外から帰国した方と濃厚接触がある

B. 来院される患者様へご協力のお願い
来院予定の患者様には以下の内容についてご協力をよろしくお願いします。
①ご来院前に
・発熱など症状がある方は、事前連絡ください
・緊急性の低い治療は、延期をお願いします
・判断に迷う場合は、電話にてご連絡ください
②治療前に
・毎回の診療前に問診を行います
・毎回の診療前に検温(非接触)を行います
・消毒液での洗口をお願いします 
③スタッフの対応について
診療室スタッフの感染防止対策として、
ゴーグル、マスク、ガウン、ヘッドキャップを常時使用し診療を行います。
お顔を見せずに大切なお話をするのは不本意ではありますが、何卒ご理解頂けますようお願い申しあげます。

C. 当院が行っている取り組み
当院の感染予防対策は、普段より厚生労働省およびアメリカ疾病予防管理センター(CDC)ガイドラインに従い実施しています。
今回の新型コロナウイルスに対しての取り組みとして、以下の項目を実施しています。
<医院環境>
・消毒用アルコールの設置
・共用部の頻回の消毒
・飛沫がとぶ治療の際の口腔外バキュームの使用
・診療室内の空中ウイルス密度を少なくするための診察と診察の間に空白時間(約15~30分)の設定
・1〜3Fの扉、窓を常時開放し、診療室内の全面換気
<スタッフの感染防護対策>
・当院スタッフの毎日の検温、体調管理の実施
・当院スタッフの感染防護衣(マスク、フェイスガード、キャップ、ガウン)の常時使用
・当院スタッフの手指消毒の徹底
・当院スタッフが発熱、咳、倦怠感を伴う症状を訴えた場合の自宅待機、重症の場合は医療機関受診の指示
・待合室における雑誌、おもちゃ、ウォーターサーバー等の撤去

患者様へのご理解とご協力のお願い
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、患者様におかれましても様々なご不安を抱いておられることと存じます。
当院で行う上記の取り組みは、困難な状況であっても地域医療における責務を果たし、患者様と当院スタッフの健康や生命を守るために行います。
今後も最新の状況に合わせた臨機応変な対策をスタッフ一同取り組んでまいります。
ご迷惑やご心配おかけし申し訳ございませんが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。