審美歯科症例集

無くなってしまった前歯の修復を行った症例2008/07/12



初診時

初診時 側面観


下あご 矯正中の状態

32歳 男性
前歯を入れてほしいとの希望で来院。
前歯は徐々に短くなっていったとのこと。
元々、下あごが上あごより前に出ている噛み合わせで、そこに歯ぎしりによる力がかかったために、前歯が徐々に短くなっていった考えられた。
上下全体的な矯正治療が必要と考えられたが、期間的に無理があり、結果下だけの小矯正を行った。
その後、セラミックの被せ物で上の前歯を修復することとなった。


治療後

治療後 前歯の拡大

上あごは矯正をしなかったために両側犬歯も被せ物での修復が必要となったが、結果、審美的な回復は得られた。

補綴医・歯科技工士の国際誌 「QDT」に「矯正治療を伴ったメタルセラミックスによる審美修復治療」というタイトルで掲載した症例。


治療方針
>治療方針はコチラ
>治療の流れはコチラ
>ポリシーはコチラ
施設紹介
当医院で導入しております歯科設備機器の紹介です。
>施設紹介はコチラ
院長プロフィール
まずは当医院にお越し下さい。他医院との違いを感じていただけるはずです。
>院長プロフィールはコチラ
>近年の活動内容はコチラ
>論文又は著書
>医院が紹介された書籍および雑誌
>院長のこだわりはコチラ
スタッフ紹介
当医院でのスタッフの紹介です。
>スタッフ紹介はコチラ
お悩み解決
今、何にお困りですか?あなたのお悩み、不安を当医院が解りやすくお答えします!
>Q&A
>各治療の違い
>お問合せ
無料相談
スタッフみんなで患者様に愛される理想の歯科医院をイメージして、一人ひとりが実現していくような歯科医院です。
私たちとご一緒に実現しましょう!
>求人情報はコチラ
アクセス ■大川歯科医院
〒658-0072
神戸市東灘区岡本4-6-1
tel:078-452-3910
>アクセス
■お車でお越しの方へ
医院敷地内に、お客様用駐車場3台ございます。
満車時は、近隣コインパーキングでの料金サポートを行なっております。