インプラント
最新医学で失った骨や歯ぐきを蘇らせることが可能になりました。
1980年代より再生医学研究は始まり、現在、再生皮膚や角膜などが、将来的には再生臓器が臨床に用いられる日もそう遠くはありません。歯科の分野は一般医科に比較して再生させる組織の量が少なくて済むために、この再生医学を応用しやすい分野といえます。現在では歯周病で失った歯の周囲の骨や顎の骨、歯ぐきの再生などが行なわれており、将来的には歯胚(歯の元になる種)を顎に埋めて歯を再び蘇らせることも可能になると思います。

GTR法(ジーティーアール法)

失われた歯周組織を再生させるために歯周外科処置の一つの手術法として、失われた骨と歯ぐきの間に特殊な膜(メンブレン)を埋め込み、隙間を確保してそこに歯と骨をつなぐ歯根膜を再生させる方法で多くの臨床例が用いられています。 イメージ図

エムドゲイン法

最近では膜を埋め込む代わりにエナメル器質タンパクを主成分とする薬(エムドゲイン)を塗って、歯周組織の再生を誘導する方法が用いられています。この方法はGTR法に比較して膜を入れたり、外したりする必要がないので手術回数が1回で済み、広い範囲にわたる骨の欠損に対応することができる利点があります。
イメージ図

GBR法(ジービィーアール法)

顎の骨に大きな欠損ができて、従来の方法では骨の高さや幅が不足していてインプラント治療ができない場合にGTR法と同様に骨の欠損と歯ぐきの間に特殊な膜(メンブレン)を埋め込み、骨の高さ、幅を増大させる方法で、この処置が応用されるようになりインプラント治療の適応症例(インプラント治療ができるようになる症例)が大きく広がり成功率も高くなっています。
イメージ図

上顎洞底挙上術

インプラント治療を希望されても上顎洞底(鼻の空洞の一部)が解剖的に低い位置にある人にはインプラントを埋入する骨の量が少なく適応できなかったのですが、この上顎洞に骨移植をすることによりインプラントの埋入が可能になります。
イメージ図1イメージ図2

歯周形成外科

歯肉が痩せて歯が長く見える、歯ぐきの色が悪いなど、歯と歯ぐきのバランスが悪く、せっかくの笑顔が台無しになる場合があります。歯周形成外科で痩せた歯ぐきをもとの状態に改善することができます。
イメージ図
治療方針
>治療方針はコチラ
>治療の流れはコチラ
>ポリシーはコチラ
施設紹介
当医院で導入しております歯科設備機器の紹介です。
>施設紹介はコチラ
院長プロフィール
まずは当医院にお越し下さい。他医院との違いを感じていただけるはずです。
>院長プロフィールはコチラ
>近年の活動内容はコチラ
>論文又は著書
>医院が紹介された書籍および雑誌
>院長のこだわりはコチラ
スタッフ紹介
当医院でのスタッフの紹介です。
>スタッフ紹介はコチラ
お悩み解決
今、何にお困りですか?あなたのお悩み、不安を当医院が解りやすくお答えします!
>Q&A
>各治療の違い
>お問合せ
無料相談
スタッフみんなで患者様に愛される理想の歯科医院をイメージして、一人ひとりが実現していくような歯科医院です。
私たちとご一緒に実現しましょう!
>求人情報はコチラ
無料相談 ■大川歯科医院【仮診療所】
〒658-0081
神戸市東灘区田中町4-6-7ハイマート東灘1階
tel:078-452-3910
>アクセス
■お車でお越しの方へ
コインパーキングをご利用ください。
医院前の駐車はご遠慮ください。