歯周病は歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です

イメージ図歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。プラークには非常に多くの細菌が含まれていて、その細菌の出す毒素が歯肉に炎症を起こし、そして歯を支えている骨を溶かすのです。
歯ぐき(歯肉)が腫れる、歯肉から出血する、口臭が気になる、歯がグラグラするなどの症状があれば、歯周病にかかっているのかもしれません。また、歯周病は歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えています。歯周病は自覚症状が少なく、気付いたときには手遅れになっている場合もあります。

成人の約80%が歯周病

イメージ図口腔衛生習慣の改善により日本人のむし歯は減少してきました。しかし、歯周病はあまり減少することなく、現在でも成人の約80%が歯周病にかかっており、30才以上の方の歯の喪失原因の第1位になっています。この原因として、日本人に歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また、歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら非常に少ないことなどが考えられます。一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切です。

歯周病イメージ歯周病の原因 主には細菌が関与

お口の中には約400種類の細菌がいます。そして、歯垢1r(つまようじの先くらい)の中に10億個の細菌が住み着いており、それらが歯肉の炎症を起こし、歯を支えている骨を溶かすのです。



その他の原因として下記の3つがあります

喫煙、メンテナンス不足、
ストレス、不規則な生活、栄養のバランス

歯ぎしり、口腔清掃不足、
歯列不正、不良な被せ物、根分岐部病変

年齢、糖尿病、骨粗鬆症、
軟組織に反応を示す薬剤の使用、遺伝子多型


歯周病の進行

歯肉(歯ぐき)と歯の間にはポケットという1mmくらいのすき間があります。歯みがきなどを怠ってしまうとこのポケットに歯垢がたまり、たまった歯垢が歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。これが歯肉炎で、歯周病の第一歩です。
歯周病の進行の図
歯肉炎にかかると歯ぐきは赤く腫れ、リンゴをかじったときなどに歯ぐきから血が出ます。歯肉炎を放置しておくと症状はますます悪化し、歯周炎へと進んでいきます。

歯周病と全身疾患

歯周病は細菌の感染による慢性の炎症です。細菌のつくる毒素や炎症をひきおこす物質が患部から血液中に入り、全身に影響を及ぼす可能性があります。
1.歯周病と細菌性心内膜炎(心臓)
歯周病と細菌性心内膜炎心臓の内膜や弁膜に障害のある方にみられる細菌性心内膜炎は、その原因のほとんどが口の中にいる細菌ですので、予防には定期的な口腔ケアが重要です。
2.歯周病と動脈硬化
歯周病の原因菌が心臓をとり巻く冠動脈や脳血管に感染すると、毒素や炎症をひき起こす物質が血栓を起こしやすくし、心筋梗塞や脳梗塞を進行させる可能性があります。血圧、コレステロール、中性脂肪が高めの方は、歯周病があれば必ず治療をして動脈硬化のリスクを下げて下さい。
3.歯周病と糖尿病
糖尿病になると、歯周病になりやすいことがわかっています。血管の血糖値が上昇すると歯肉の感染防御機能が低下して、炎症が起こりやすくなります。また逆に歯周病の状態が悪くなると、糖尿病が悪化することがわかってきました。当医院の患者様でも内科的治療と歯周病治療をすると、血糖コントロールの状態を示す空腹時血糖値やHbA1cの値が改善しました。健康診断で血糖値が高いと言われたら、食生活や運動不足に注意するとともに、歯周病の治療も受けて下さい。
4.歯周病と肺炎
食べ物を誤って気道に入れてしまい、歯周病菌が肺や気管支に感染するケース(誤嚥性肺炎)は、寝たきりのお年寄りに多くみられますが、口の中の細菌が少なければ肺炎のリスクを減らすことができます。そのためには健康なときから、口の中を清潔に保つ習慣をつけることが大切です。
5.その他
歯周病は低体重児出産、早産のリスクを高めます。骨粗鬆症になると、歯周病が進行するリスクは約2倍に高まると言われています。
お気軽にご相談下さい。※当医院では、歯周病の早期発見や現在の状態などを認識していただくために、「デンタルドック」で 歯周病の検査をしております。もし、歯周病の症状がみられた場合は、適切なアドバイスとカウセリングを行い、最適な治療計画をご提案させていただきます。少しでも気になることがありましたら、まずはご来院いただきお気軽にご相談下さい。
治療方針
>治療方針はコチラ
>治療の流れはコチラ
>ポリシーはコチラ
施設紹介
当医院で導入しております歯科設備機器の紹介です。
>施設紹介はコチラ
院長プロフィール
まずは当医院にお越し下さい。他医院との違いを感じていただけるはずです。
>院長プロフィールはコチラ
>近年の活動内容はコチラ
>論文又は著書
>医院が紹介された書籍および雑誌
>院長のこだわりはコチラ
スタッフ紹介
当医院でのスタッフの紹介です。
>スタッフ紹介はコチラ
お悩み解決
今、何にお困りですか?あなたのお悩み、不安を当医院が解りやすくお答えします!
>Q&A
>各治療の違い
>お問合せ
無料相談
スタッフみんなで患者様に愛される理想の歯科医院をイメージして、一人ひとりが実現していくような歯科医院です。
私たちとご一緒に実現しましょう!
>求人情報はコチラ
無料相談 ■大川歯科医院【仮診療所】
〒658-0081
神戸市東灘区田中町4-6-7ハイマート東灘1階
tel:078-452-3910
>アクセス
■お車でお越しの方へ
コインパーキングをご利用ください。
医院前の駐車はご遠慮ください。